家電

ドラム式洗濯機を幅ギリギリで設置できた話

先日、念願のドラム式洗濯機を買いました。

設置場所が極狭で入るかどうか心配でしたが、なんとか超ギリギリで設置できました。

今回はその設置までの経過をご紹介します。

ドラム式洗濯機の購入を検討されていて、設置場所が狭くて悩んでいる方の参考になれば幸いです。

設置場所の幅が狭すぎた

何度もメジャーで測ってみても、設置場所の幅は63.5cmしかありませんでした。しかも防水パンもないという変わった環境です。

一軒家ですが建売りだったため、納得のいかない間取りになっていて、洗面所が異様に狭いのです。

そのため、市販されているドラム式洗濯機の中では、幅60cm以下のものに限定され、そこで機種が自ずと絞り込まれました。

さらに、洗面所の入り口がさらに狭く、61cmしかありませんでした。物理的には通れることにはなりますが、ぶつけて傷が付きそうなレベルです。

ヒートポンプ式でコンパクトサイズのパナソニックNA-VX300BL一択

色々とドラム式洗濯機を調べまくりました。幅60cm以下ということでまず、パナソニック、日立、SHARPに絞り込みました。

さらに、ヒートポンプ式でないと、かなり乾燥に電気代がかかるということがわかったので、ヒーター式のパナソニックCUBLEは除外しました。

日立は、乾燥時に下水のような臭いが発生するというコメントが多数あったので、コスト的に魅力はありましたが心配事は避けようと思い除外しました。

本当はSHARPが一番良かったのですが、幅はクリアしたものの、高さ、前面ドア解放時のサイズが大きすぎて泣く泣く除外しました。

最終的に消去法で残ったのがパナソニックの型番NA-VX300BLになりました。ヒートポンプ式であること、サイズも申し分ありませんでした。

パナソニックの中では下位機種で、他の機種にある温水洗浄ができないことが唯一気になるところでしたが、今までも水洗浄だったので、まぁよしとしました。

サイズは下の見取り図のようになります。

ところで、購入時期ですが、私が購入したのは2021年10月下旬です。2020年10月発売の、この型番はパナソニックの中では安いので人気があり、5月頃には品薄になっていました。2021年10月時点ではほとんど見かけなくなっていて、あったとしても、お得な価格ではありませんでした。

そんななか、11月初旬には新製品が出てくるので、安くなるかと思いきや、逆に値上がりしていたのです。どういうことでしょうか。謎です。

新製品の内容をみて、もしよければもう少し値下がりするのを待ってから買おうかとも考えたのですが、なんと、どれも僅かですがサイズがアップしていたのです。

これには慌てました。ただでさえギリギリのサイズなのにこれは困りました。下に寸法図を載せます。

幅が4mm、前面ドア解放時のサイズも7.5cm大きくなっていました。僅かなサイズ変更だけで1kg分洗濯容量が大きくなっているのが売りのようでしたが、我が家の設置場所にはこの僅かの差が問題になるので、慌てて旧タイプを購入することにしました。

価格コムをみて、できるだけ安いところを探しましたが、結局あまり安くはありませんでした(22万円代)。

これから購入される方は、パナソニックの下位機種であれば、3月までの購入をお勧めします。そのあたりの時期が一番やすく、品切れもないようです。

念のため事前見積もりを依頼

XPRICE(エクスプライス)というところでネット通販で購入しました。

計測サイズ上は、ギリギリ入るものの、店舗の記載では、「本体サイズより+10cm余裕が必要」とあったので、当日商品を持ってきて「設置できません」となれば、返品送料と出張料で15000円くらいかかるらしく、念のため3300円で事前見積もりをお願いすることにしました。

事前見積もりは、ドキドキでした。ドラム式洗濯機はどうしても欲しかったので、これで搬入負荷とか言われたらガッカリですから。

お兄さんが念入りにサイズを測っていましたが、意外なことに、設置幅はあっさり「まぁギリギリではありますけど、ちゃんと本体幅以上はありますので、問題ありませんよ」と言ってもらえました。

ホッとしたものの、「ただ、入り口のドアは取り外してくださいね」と言われました。そっちのほうが問題とは想定外でした。63cmありましたし(事前見積もりで業者が測った時は61cmと言われました。人によって誤差がありますね。)、一瞬の通り抜けですからね。

ネットを見ると、入り口ギリギリでも大丈夫だった、などの口コミがあったので、何とかなると高をくくっていました。「家財に傷がつくようなことがあっては困りますし、養生マットをかませながら運ぶので、左右1cmしか余裕がないと挟み込めないんですよ。あと、ドアの取り外し作業はこちらでは手をつけられないことになっているのでお客様自身でやってください。簡単に取れますから」と言われてしまいました。もしドアの取り外しを拒否したら、搬入不可と判断します、ということだったので、「やります!」と即答しました。

でも、確かに取り外しは簡単でした。ドアを上にあげたらスポッと抜けて、写真のような形になりました。

これで間口が63cmから67cmに広げられました。

業者によっては、もっと幅が狭くても対応してもらえるかもしれません。その場合は責任の所在をはっきりさせるなど、少し交渉が必要でしょうね。

ドア外し作業は当日の朝に行いました。

幅は予想通りギリギリだった

当日はお兄さん2人がかりの作業でした。思ったより大きく、作業は結構大変そうでした。

何しろ、幅がギリギリ、洗面所も狭いので少しずつ回転させながらの難しい搬入となりました。

ギリギリの上、真下排水にするので、さらに大変そうで申し訳ない感じでした。

before

after

縦型でもあまり余裕がなかったのに、ドラム式は本当にギリギリでした。計測どおり、左右の余裕は1.5cmあるかないかくらいでした。

洗面台との幅はこんな感じです。笑えるくらいギリギリすぎる。

試運転してみましたが、揺れ幅は5mm程度で、なんとか擦れずに済んでいます。

まとめ

こうして、無事ドラム式洗濯機を導入することができて、今は本当にうれしいです。

予想どおり、使い心地は最高です。皆さん言っているように、干す手間が省けるというのは何より最高です。時間の余裕ができますし、ズボラ主婦の私にとっては、これからもなくてはならないものになりそうです。

ギリギリの設置場所で購入を悩んでいる方がいらっしゃいましたら、我が家のサイズを参考にしていただければと思います。

我が家の設置場所ほど狭いお家はかなり少ないと思いますので、それよりも少しでも広ければ全く問題ないと思います。

また、NA-VX300BLは現在もうほとんど売っていません。同じ機種の後継NA-LX113Aは4mm幅が大きいですが、今となってはこれでもよかったかな、と思います。機能は若干プラスがありますが、誤差程度なので、その点は後悔はありません。

ただ、結構安くなってるんですよね。むしろ新しい方が安いかも、というくらいです。こちらも検討してみてはいかがでしょうか。3月くらいがさらに安くなって狙い目かもしれません。

-家電
-, , , , ,

© 2021 たーみんログ Powered by AFFINGER5