グルメ 旅行記

利尻マリンホテルの食事

利尻島を旅行した時、「利尻マリンホテル」へ泊まりました。ここへ泊まった一番の理由は、観光に便利な立地だったことなので、食事にはあまり期待はしていませんでしたが、なかなか良かったので、ご紹介します。

海の幸づくしの夕食

利尻マリンホテルでの食事は、夕食も朝食も同じ大食堂で食べます。

席は部屋番号で指定されています。席に案内されると、写真のような名前入りのお品書きが置かれています。

利尻島や礼文島では、食前酒にハスカップワインがよく出されるようです。ブルーベリージュースのような甘みの強いお酒です。ワインという感じではありませんが、結構おいしいです。

その後、先付けの野菜サラダ、前菜としてめかぶ、数の子、たちかま(鱈の白子のかまぼこ)が出てきました。

お吸い物の具はホッケのつみれ汁です。練り物っぽくなく魚の素材感がぎっしり残っていておいしかったです。

次が一番の楽しみのバフンウニです。

もう少し量が欲しいな、と思いましたが、味はとても美味しかったです。

魚のお刺身もさすがに新鮮でした。ホタテ、サーモン、シマソイです。

次はウニの陶板焼きです。火を通したウニもまた別の味わいがあってよかったです。

海の幸が続きます。次は毛蟹です。

ホッケはあまり好きではないのですが、ご当地のものは新鮮なせいか一味違いました。

締めは、茶碗蒸し、白飯、ホタテ貝入りの味噌汁です。

デザートはオレンジが出ました。

特に技がきいた料理というわけではありませんでしたが、ボリュームは十分あり、海の幸をふんだんに使っていて、満足しました。やはり一番おいしかったののはウニですね(笑)。

朝食

朝食も盛だくさんでした。

最近の旅行では、ビュッフェ形式のところが多かったので、久々の純和食の朝食で、これもまたいいな、と思いました。ご飯のお供がたくさんありすぎてどれから食べようかと迷ってしまいました。

感想

利尻マリンホテルでの食事で印象に残っているのは、まず、ボリュームがあり、品数が多いことです。また、ご当地の素材が豊富に使われていて、特に凝った料理ではなくても十分おいしかったです。失礼ながら、お部屋の印象から、全く期待していなかったのですが、思いのほか満足しました。

-グルメ, 旅行記
-,

© 2021 たーみんログ Powered by AFFINGER5