ファッション 美容

OPIのネイルカラー比較(レッド系)

マニキュアといえば、OPIというくらい、メジャーなブランドですよね。

値段はプチプラコスメのマニキュアと比べると安くはありませんが、ネイルサロンでも使われていたり、プロにも定評のはそれなりの理由があると思います。

確かに塗りやすさ、持ちの良さ、光沢・色の美しさはさすがです。

私も色々使ってみて、やっぱり使い心地がいいためか、OPIばかり集めるようになってしまいました。

1つ難点といえば、色の種類が多すぎて訳がわからなくなってしまうことです。あまりにも迷い過ぎてOPI沼に陥ってしまいました(笑)。

散々迷いに迷って、自分なりに集めたものをご紹介します。色選びに参考になれば幸いです。

インフィニットシャインの乾きの速さはすごい

OPIは以前にも少し使っていたのですが、あるブロガーの方がインフィニットシャインの乾きの速さがすごいということを紹介されていたのを見かけて、これは試してみようと思い、買ってみたのが始まりでした。

元々、不器用なので、マニキュアがうまく塗れず、おまけに乾きが遅いとよれるわで、汚くなってしまうことがしょっちゅうでした。

このインフィニットシャインは、超速乾性で、塗ったしりから乾いていく感じです。それはいいのですが、逆に手早く塗らないと、かすれてしまい、うまく塗れません。そこを慣れてしまえばもう手放せなくなります。

ご紹介するのは、OPIのインフィニットシャインが中心になります。

 

レッド系のお気に入りカラー

以下、上の写真の左から順に紹介しています。色はこの写真をご参考ください。ささくれ、はみ出しなど、あまりきれいに塗れておらずお見苦しくてすみません(汗)。なお、こちらはすべて2度塗りです。

W63 OPI By Popular Vote (オーピーアイ バイ ポピュラー ヴォート)

オーピーアイに一票! 大勝利の美しいアップルレッド

各カラーに名前と宣伝文句がついているのが面白いです。

アップルレッドとありますが、イメージしにくいですよね。私もよくわからず、色々なサイトで色を見比べて購入しましたが(OPIは店舗で売っているところが少ないので、ネット購入が手軽です)、思っていた色とかなり違いました。

これいはこれで良い色ですが、レッドというからにはもう少し赤に近いと思っていました。こちらの色は赤というよりも、ワントーン薄く、ピンク寄りのカラーだと思います。ですので、赤寄りと思っている方はやめた方がいいかもしれません。

パーソナルカラーのサマーの見本帳ではちょうどラズベリー色になりました。ということで、サマーの人には似合う色じゃないかと思います。

W44  Mrs. O'Leary's BBQ(ミセス・オライリーズ・BBQ)

こちらの色は、廃盤になっていて、私が持っているのはインフィニットシャインではなく、通常のカラーです。ワインカラーで、かなり紫寄りの赤です。

2度塗りすると、かなり黒っぽく見えて、モードっぽくなり、インパクトが強い色です。私はあまり出番がありませんでしたが、ファンが多いらしく、限定的に復刻されたりしていたようです。

W52 Got the Blues for Red(ゴット ザ ブルース フォー レッド)

ブルースのようなクールなディープレッド

こちらの色は、W44と少し似ていますが、深い赤で、W44のように青みはほとんどありません。W44よりはやや明るい色で、使いやすいです。

赤色は、明るい色だと、年齢的に色が肌から浮いてしまい、逆に悪目立ちして使いにくいような気がします。一見こういった深い赤は使いにくいように思われがちですが、中年以降の肌には馴染みやすい気がします。

このW52はダークレッド系では人気の色で、ロングセラーのようです。ダークレッドをお探しの方には、癖がない間違いない色なので、おすすめです。

017C Last Emperor(ラストエンペラー)

深みのある高貴なダークローズ

ここで、他のブランドをはさみます。こちらは、「アディクション(ADDICTION)のネイルカラーです。アディクションのネイルもすごく人気がありますよね。色味が絶妙のニュアンスがあって、おしゃれな色がそろっています。速乾性はインフィニットシャインよりは少しだけ劣りますが、それでもかなり速いです。個人的にはOPIよりも色味にモードなひねりがある気がします。

レッド系って、色が多すぎて、気に入ったものを見つけるのはとても難しいですが、この色は私が求めていた色にほぼ近い色でした。

W52より少し明るい色で、やや青味がプラスされています。深い赤でありながら、少し青味が効いていて、手を色白に見せる気がします。

レッド系で持っているものの中で私はこの色が一番好きです。

L58 Stick It Out (スティック イット アウト)

最後まで一途に愛を貫くベリーローズ

こちらの色は、赤というよりもほぼピンクですが、W63とは逆に赤寄りのピンク、ピンクの範疇の赤寄りという感じです。

パーソナルカラーサマーの見本帳ではフクシャ色で、サマーの人にも似合う色だと思います。こちらは、派手過ぎず地味過ぎず、とても使いやすい色です。

まとめ

以上、私も持っているレッド系のカラーをご紹介しました。

レッド系で、特にOPIは色がとにかく多いので色選びに迷うと思いますので、少しでも参考になれば幸いです。

 

-ファッション, 美容
-, , , , ,

© 2021 たーみんログ Powered by AFFINGER5