ブログ運営

約1年にわたるエイジングフィルタ、グーグルハネムーン、ヨーヨー現象を経験してわかったこと

2018年2月にこのブログを開設してから1年半が経ちました。未だにアクセス数はまだまだですが……。この間に、ブログを開設した人なら経験することの多い、エイジングフィルタ、グーグルハネムーン、ヨーヨー現象をフルコースで経験したので、今回はそれらを自分なりに考察してみました。同じような悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。

開設直後から約5か月後、突如アクセスが上昇し始める

ブログ開設後、約40日で、5記事掲載したところでグーグルアドセンスの審査に合格しました。

https://taminlog.net/adsense/

それできっとアクセスも伸びるに違いないと思ったのですが、アクセスはいつまでたっても伸びず、5か月低迷が続きました。

ほとんどアクセスがないのにその間もアナリティクスや検索順位チェッカーを見ることは欠かしませんでした。そんなことしている暇があったら記事を更新しろって言われそうですが、それはわかっていても、どうしてもそっちばかり目がいってしまうのが人情です。

今も、皆さんおなじみのグーグルアナリティクスと検索順位チェックツール「SEO pitshu」を使って、毎日チェックは欠かしません。

https://www.seopitshu.jp/seotool/ranking_form.html

開設後、2~3か月はアクセスがないのは覚悟していましたが、それを過ぎた頃から焦り始め、私のブログはそんなにダメブログなのかぁと諦めの境地に陥り始めていました(とはいっても、月に2~3回の更新しかしていなかったのに諦めもくそもない気はしますが…)。

その後5カ月目に突入した頃から、なぜか急に、ほぼすべてのキーワード(2~3ワードの組み合わせですが)で1ページ目に表示されるようになり、いよいよアクセスが爆発し始めたかとワクワクして状況を観察していました。

グーグルハネムーンから急降下し、長いエイジングフィルタ期間に突入

今から思えばこの時期がいわゆる「グーグルハネムーン」だったのではないかと思います。グーグルハネムーンの期間だったと思われるこの約2週間のアクセスは、まさにうなぎのぼりの状態で、最初の頃の10倍くらいのアクセスにまでなりました。

ところが、長かったアクセス低迷のトンネルをようやく抜けられると喜んだのも束の間、ある日を境に突然、崖から転がり落ちる勢いで、アクセスが急降下し始めました。

この状態がグーグルアナリティクスのグラフでみるとよくわかります。

そして、グーグルハネムーン後の急激な下落を機に色々とネットで調べたところ、このような不可解なアクセス低迷が「エイジングフィルタ」と呼ばれる状態であることを知りました。

エイジングフィルタにかかり始めた時の兆候

グーグルハネムーンから急落し始めたのは、日付もはっきりしています。その翌日から明らかにアクセス数に変化が起こりました。

まず、一番アクセス数が多く、トップにあったキーワードが30~50位にまで転落し、その後、2、3日うちに圏外となりました。

それをきっかけに、将棋倒しのようにすべてのキーワードの順位がどんどん落ち始めました。その期間が約2週間です。上のグラフのハネムーンからの急斜面をみていただくとわかると思いますが、ほとんど直角に近い急降下です。

エイジングフィルタにかかってしまう原因は?

エイジングフィルタに捕捉される原因ははっきりわかりません。

まず、一番いわれている原因は、その名前の通り、立ち上げられて間もない新しいサイトが「エイジング」するまでの期間、フィルタがかかったようにアクセスがほとんどなくなってしまうため、新しいサイトであるということが考えられます。

他には、私のように、立ち上げたところでかかったエイジングフィルタに加え、約5か月後に起こったグーグルハネムーン直後にかかるフィルタです。

検索順位が不相応に爆上げされるというグーグルから与えられたと思われるハネムーン期のチャンスに、アクセスが集められず、更新も少ないなど、評価を下げる要素がいくつか揃ってしまっていた場合が考えられます。

グーグルハネムーンは、おそらく、グーグルのサイト評価の期間で、試しに検索順位を上位にあげてみて、アクセス状況を試験しているのではないかと思います。

私の場合は上記の原因で、おそらく2回エイジングフィルタにかかったのではないかと思っています。

もしも、新しく立ち上げたサイトが、コンテンツが充実していて順調にアクセスを伸ばし、更新もしっかりしていれば、エイジングフィルタにはかかりにくいのかもしれません。要は優秀なサイトかどうか、ということなのでしょうか…。

エイジングフィルタにかかってしまったら

フィルタにかかったときは、どうしていいかわからずパニックに陥りました。なにせ、自分の記事のどのキーワードで検索しても、突然ほぼ圏外になってしまうのですから。

ただ、この時に、焦って色んな対策をとってしまいがちですが、これは必ずしも良いことではないようです。

エイジングフィルタにかかっているか確認する方法は?

検索順位がどうもおかしい、アクセスが不当に少なすぎる、ということが続いたら、まずエイジングフィルタにかかっているかをチェックしてみるといいと思います。この方法は下記のページで詳しく紹介されていましたので、私はこれを試してみました。

https://www.buzzclub.site/2018/04/02/archives98/

①まず、シークレットモードを開きます。シークレットモードでないと、パソコン内の履歴などの影響で正確な結果が出ないようです。

②そこで、記事タイトルをすべてコピペして検索をかけます。例えばこの記事なら、「約1年にわたるエイジングフィルタ、グーグルハネムーン、ヨーヨー現象を経験してわかったこと」と入力します。普通なら確実に検索順位がトップになるはずです。それで1ページ目になければエイジングフィルタにかかっている可能性は高いです。

③さらに念のため、記事名を文節に区切って検索します。例えば、「約1年 エイジングフィルタ グーグルハネムーン ヨーヨー現象 経験 わかったこと」のようなかたちです。これでも普通であれば1ページ目に来るはずですが、そうでなければエイジングフィルタにかかっていると思われます。

②までは大丈夫でも、③だけでも当てはまっていれば、エイジングフィルタにかかっていると考えてよいようです。

以上のことを、私もやってみましたが、③まで該当する記事がかなり多かったです。ただ、僅かですが、いくつかの記事は影響を受けていないものもありました。

エイジングフィルタにかかったときの対処法は?

エイジングフィルタにかかってしまったら、SEO対策などに詳しい人であればともかく、あまり精通していない人は、対策を講じない方が良いようです。というのは、下手にいじって、かえって悪化を招くこともあり得るらしいのです。

私は、それを知って、できるだけマイペースで記事を淡々と更新することに決めました。

エイジングフィルタにかかると、1日当たりのアクセス数が1桁になってしまうこともしょっちゅうになり、心が折れそうになりました。やはりモチベーションは下がり、更新頻度も落ちました。でも、いつかは解除されると信じてブログは閉鎖せず、細々と続けていました。

ヨーヨー現象

エイジングフィルタとは別に、ヨーヨー現象と呼ばれる現象にも遭遇しました。

検索順位の急落後、10日過ぎた辺りから、名前の通り、ヨーヨーのように1ページ目と圏外を行き来する現象が、それから10日間にわたって起こりました。

ヨーヨー現象が起こるページは全てではありませんが、その後もフィルタがかかっている間は、いくつかのページで発生しました。

ヨーヨー現象が起こったあるページを例にあげると、そのページは、上記の期間ヨーヨー現象が起こった後、3ページ目辺りに1か月ほど固定し、その後、圏外へ転落、月に何度か思い出したように3~4ページ目辺りに浮上するという不安定な変動をしていました。

ヨーヨー現象は、原因が全くわからない上に、順位が浮上したと思ったら圏外というのを頻繁に繰り返すので、何度もぬか喜びをされられ、すごくストレスのかかる現象です。

グーグルに、こういう現象が起こらないように改善してもらえないものかと思います。サイトの評価を正当に速やかに行い、順位が不自然に動かないようにしてほしいものです。

ただ、私の経験からの個人的な推測ですが、ヨーヨー現象が起きる時というのは、フィルタの解除が起こる前触れではないかと考えています。

というのは、フィルタががっちりかかっているときは、どうあがいても圏外から浮上できませんでしたが、ときどき上位に浮上しては転落するのを繰り返した後、上位に固定するページが徐々に増えていくという現象が起こったからです。

圏外に転落したまま固定してしまうエイジングフィルタのかかった状態から抜け出し始めた兆候とも感じられました(ただ、エイジングフィルタに突入し始めたときにも発生しましたので、要はサイトが変動を受ける兆候ということでしょうか…)。

ですので、ヨーヨー現象が起こってもあまり一喜一憂せず、気軽な気持ちで様子をみていればよいのではないかと思います。

Bingの評価が異様に高い不思議

もう1つ、不思議な現象がありました。それは、Bingでの評価が異様に高いことです。

2~3ワードの検索ワードの組み合わせですが、全てのページがほぼ5位以内にきているのです。それは現在も続いています。

ご存じかと思いますが、YahooとGoogleは名前が違うだけで、実際は同じ検索エンジンですので検索順位は全く同じになりますが、Bingは別の独立した検索エンジンで、順位もかなり違っています。

私のサイトのようにGoogleとBingの評価に大きな乖離のあるサイトは珍しいのかどうかはわかりませんが、どういう理由なのか知りたいところです。

ただ、Bingを使用している人は全体の5%程度のようですので、あまり効果はありません。早くGoogleでの評価を上げていきたいものです。

あと、DuckDuckgoという検索エンジンでも評価が異様に高いです。

エイジングフィルタが解除されるまでの期間は?

エイジングフィルタが解除されるまでの期間は、サイトによってまちまちなようですが、私の場合は、結局、1年1か月ほどかかってしまいました。

その間、グーグルハネムーンとヨーヨー現象を挟みましたが…。フィルタの期間は、最長の部類に入るのではないかと思います。更新頻度はかなり少なめですが、こんな状態で、よく粘り強く継続したなと自分で自分を誉めたいと思います(笑)。

現在も、グーグルハネムーンの時期ほどのアクセスは集められていませんし、まだまだ低迷していますが、エイジングフィルタがかかっていた時期のように、どう検索しても圏外から上がってこないという、あまりにも不自然な状態はなくなりました。

解除されるきっかけは恐らく月に1~2回程度実施されているグーグルのアルゴリズムアップデートでサイト評価に変化が出る時ではないかと推測しています。

グーグルのサイト評価の項目は200にものぼり、恐ろしく複雑だそうです。ですので、それへの対策などは、私のような素人がとても太刀打ちできるものではありません。

でも、グーグルが常に細かく評価し、管理しているので、ある程度正当な検索順位が保たれているといわれています。

そのため、たとえエイジングフィルタがかかっていても一定の期間が過ぎれば、正当な評価を経て妥当な検索順位に落ち着くようです。

私のサイトはといえば、検索順位もいまいちですが、これが現時点のこのサイトへのグーグルの評価かな、と納得しています。あとは、アクセスしてくださる方に役立つコンテンツを充実させていくことに専念するしかないと思っています。

現在、エイジングフィルタにかかってしまっている方は、ご心配だろうとは思いますが、ペナルティがかかっていなければ、時間はかかっても解除される日は必ず来ると思いますので、諦めずに継続していかれることをお勧めします。

 

-ブログ運営
-, ,

© 2021 たーみんログ Powered by AFFINGER5